ドナルド・キーン年譜 以降

(注)年譜作成にあたっては、『ドナルド・キーン著作集 別巻 補遺:日本を訳す/書誌』(新潮社、2020年2月)及び『別冊太陽 日本のこころ254 ドナルド・キーン 日本の伝統文化を想う』(平凡社、2017年9月)を適宜引用した。また多くの方々に貴重な情報を提供いただくなど、多大なご協力をいただいたことに、心より感謝する。未確定の情報については「?」で示しており、今後調査を進めていく予定である。以下の年譜は、2022年(令和4年)5月18日版である。

2020(令和2)年 1月8日、「ドナルド・キーンの一周忌と記念財団設立について」記者会見(場所:北区中央図書館3Fホール)。
1月22日、ジャニーン・バイチマンが追悼講演 ‘Walls Melt Away: Donald Keene as a Teacher and Friend’ を講演。(場所:The Foreign Correspondent’s Club of Japan)
2月10日、『日本人の戦争 作家の日記を読む』(文春学藝ライブラリー歴史37)角地幸男訳、文藝春秋から刊行。
2月24日、新宿・紀伊國屋ホールにて一周忌シンポジウム。平野啓一郎とロバート・キャンベルが公開対談(「ドナルド・キーンとは何者であったのか」)。『黄犬(キーン)交遊録』岩波書店刊。
2月24日、『日本文学を読む・日本の面影』新潮選書、新潮社刊。
『ドナルド・キーン著作集 別巻 補遺:日本を訳す/書誌』新潮社刊。
2月25日、『日本の文学』(吉田健一訳、改版、中公文庫)が中央公論新社から刊行。
3月1日発行の『和樂』(4・5月号/20巻2号)に「2月24日の一周忌を機に、今、新たに考える 私たちは、ドナルド・キーン先生のことばを忘れない」(pp.142-143)が掲載される。
3月1日、『三島由紀夫を巡る旅 悼友紀行』徳岡孝夫共著、新潮文庫、新潮社刊行。
5月18日、一般財団法人ドナルド・キーン記念財団設立。
6月1日発行の『家庭画報』(7月号/63巻7号)内の「決定版 春夏秋冬雄大な景色を旅する 日本の絶景遺産PART3 外国人著述社が愛する〝次世代に伝えたい風景〟」に「広島県・鞆の浦 歴史ある港町と瀬戸内海の絶景」(pp.80-81)が掲載。
7月6日、スペインの学術誌 Mirai. Estudios Japoneses(Vol. 4 )に、サラマンカ大学での講演「世界における日本文学」(2002年3月開催)の原稿が掲載される。
10月5日発行の『明日の友』248号に、「ドナルド・キーンさんの世界」と題して、黒田杏子とキーン誠己の「往復書簡」が掲載される。
11月17日から、北区立中央図書館にて展覧会「ドナルド・キーンと三島由紀夫―三島没後50年によせて―」(主催:一般財団法人ドナルド・キーン記念財団、共催:東京都北区・東京都北区教育委員会)が開催される(12月28日まで)。
11月27日、上智大学名誉教授・澤田壽夫の妻・明子から、ジョン・ルーサー・ロング(John Luther Long)の『MADAME BUTTFLY』が返却される(1960年5月28日に澤田壽夫へ進呈した)。
11月23日、14:00~ドナルド・キーン記念財団設立記念講演会にて、キーン誠己が「父ドナルド・キーンと “親友” 三島由紀夫」を講演(司会:中澤雄大、場所:北区立中央図書館 3階ホール)。約40名が参加。
12月1・11日合併号『新美術新聞』(1554号)に、「(一財)ドナルド・キーン記念財団5月設立 「ドナルド・キーンと三島由紀夫」展 北区立中央図書館で開催中12・28まで」と題し、財団・展覧会について紹介する記事が掲載される。
12月5日、14:00~ドナルド・キーン記念財団設立記念スライド&トーク「17年の三島との友情の軌跡―父の思い出とともに」にて、キーン誠己が解説を務める。(場所:北区立中央図書館 3階ホール)。約40名が参加。
12月10日発行の『件』36号に、「ドナルド・キーンさんの世界」と題して、黒田杏子とキーン誠己の往復書簡が掲載される(初出:『明日の友』248号、2020年10月)。
12月14日発売の、『俳句αあるふぁ』178号(2021年1月14日号)に、特集「ドナルド・キーンを語る」(森忠彦「キーンさんの遺言」・毬矢まりえ「ドナルド・キーンと源氏物語」・編集部「日本文学を世界に紹介」)が掲載される。なお、同雑誌は第4回ドナルド・キーン賞についての記事も掲載。
12月18日、14:00~ドナルド・キーン記念財団設立記念スライド&トーク「17年の三島との友情の軌跡―父の思い出とともに」にて、キーン誠己が解説を務める。(場所:北区立中央図書館 3階ホール)。約40名が参加。
2021(令和3)年 1月15日発行の、『別冊太陽 日本のこころ285 渋沢栄一 天命を楽しんで事を成す』(平凡社)に、キーン誠己「『航西日記』とドナルド・キーン」が掲載される。
1月20日発行の、中学校道徳科教科書『新・中学生の道徳 明日への扉1』(学研教育みらい)に、「日本の心と技」と題しドナルド・キーンが紹介される。
2月24日、北嶋藤鄕『日本における ドナルド・キーン書誌 ドナルド・キーンをめぐる人びと』(レッドペアプレス)刊行。
2月25日発行の『週刊新潮』(66巻9号)の「特別記念ワイド 65年目の証言者―最終回―」に、「米国で日本ブーム 「ドナルド・キーン」養子が語る「父が訳した『斜陽』の魅惑」」が掲載される。
3月1日発行の『枻』(九巻三号)に、キーン誠己「ドナルド・キーンとその記念財団について」が掲載される。
4月5日、『東京新聞』にてキーン誠己「ドナルド・キーンが遺した「日本を寿ぐ」」連載開始。
2022(令和4)年 1月8日、ドナルド・キーン記念財団ホームページ公開。
2月10日、「『ニューヨーク・タイムズ』のドナルド・キーン」(角地幸男訳、中央公論新社)刊行。
3月1日刊行の、『藍生』(33巻3号)に「特集 キーン先生に導かれて」(内容:毬矢まりえ「ドナルド・キーン先生に導かれて」、毬矢まりえ・森山惠「訳者あとがき」『源氏物語 A・ウェイリー版』第4巻(左右社))と、キーン誠己「ドナルド・キーン記念財団便りⅢ」が掲載される。
3月刊行の、『能: 京都観世会館会報誌』(京都観世会、766号)に「能を観る人たち」が再掲される(1度目は1959年8月刊行『能 NOH』15号の巻頭に掲載)。
以降